Acupuncture Healing Clinicへようこそ

鍼治療  指圧  漢方薬

医療マッサージ  リフレクソロジー

診療時間 月・水・金 1:00pm – 6:00pm   火・土 9:00am – 12:00pm

治療内容について

治療者として数十年の経験を持ち、オハイオ州立大学の統合医療センター(Center for Integrative Medicine) で教鞭を取る張海玲(Hailing Zhang)が、ひとりひとりの患者様に対し包括的アプローチで施術するとともに、一般の方々への教育も行っています。Acupuncture Healing Clinicは、鍼治療、漢方薬、食事療法、灸療法、カッピング、マッサージセラピー、太極拳、その他の治療の要素を含んだ「包括的療法」を通じて、ひとりひとりに患者様のニーズに合わせた治療をご提供します。

皆様の健康へ旅を共に歩ませていただくことが、私たちの願いです。

鍼治療とは?

鍼治療とは、極細で使い捨ての鍼を人の体のつぼに挿す、古くから伝わる自然治癒法です。中国で数千年にわたり病気の予防、治療に利用されてきました。副作用、あるいはアレルギー反応を引き起こす心配はありません。鍼治療は効果があり、経済的で、安全で、シンプルという利点を有してします。近年、その評価は一層高まり、世界の医学界で重要な要素となりつつある治療法です、

・鍼治療の働きは?

近年、鍼治療のメカニズムについて多くの研究が行われてきました。その結果、鍼治療で心筋の収縮性を強化し、心筋酸素の需要と供給を調整し、血行動態を改善することにより、血行が改善できることが分かりました。また神経伝達物質、酵素、ホルモン、その他の生化学的物質の代謝レベルの調整も、鍼によって可能です。伝統中国医療の理論によると、鍼は、神経や血管のように体を覆っている「経路」を通る気(エネルギー)と血の流れを改善すると言われています。

鍼は、気と血が足りない箇所に気と血を送り込み、過剰な箇所からは取り除きます。このようにして、鍼治療は、調和の取れた体のエネルギーバランスを調整、回復させるのです。このような鍼の作用が、病気を防止あるいは治療します。

・鍼治療の最中はどのようにすればいい?

リラックスしてください。不安を感じる必要はありません。不明な点があれば、施術中でも質問をしてください。そうすることにより、治療から最大の効果を得ることができます。

・何回の治療が必要?

患者様の症状の期間、程度、内容によります。急性の状態であれば、1回の治療で済むかもしれません。慢性的な問題の場合、5回から15回連続して治療を受けて頂くと改善が見られるでしょう。変性状態の場合、時間をかけて治療を重ねることが必要になるでしょう。

・鍼治療は痛む?

痛みはありません。鍼治療に使用される鍼は極細で、経験を持つ鍼医により施術されますので、患者様は鍼が挿されたことをまったく感じないか、あるいはちくりとした軽い刺激を感じるのみです。

鍼治療の最中には、「気の流れ」が必ず起こります(鍼の反応)。「気の流れ」というのは、つぼ付近の痛み、しびれ、重さ、ぴりぴりするような刺激、あるいは、鍼が一定の深さまで挿さるとそれらの感覚が経絡に添って上下に伝達されることを意味します。「気の流れ」がすぐに起こると、好効果を示し、「気の流れ」が遅い場合は、治療の効果の遅延を意味します。このため、「気の流れ」は鍼治療で特に重要な役割を果たします。

・鍼治療に副作用はある?

副作用はありません。Acupuncture Healing Clinic では使い捨ての鍼を使用しているため、汚れた鍼で伝染性の病気が感染する可能性はありません。張医師は経験を重ねた鍼師で優れた技術を持っています。鍼治療はきわめて安全な治療手法です。